補助金事業の概要

これまで観光資源としては気付かれていなかったような地域文化資源を新たに活用し、体験型・交流型の要素を取り入れた旅行形態(ニューツーリズム)の商品開発を行う連携体の取組みを重点的に支援します。

申請要件 補助対象事業の要件は、以下の①~④を満たす事業です。

①中小企業地域資源活用促進法に基づき、平成27年度以降に認定された認定事業計画に従って行われる、複数の中小企業者による地域資源を活用した商品又はサービスの開発及びその販路開拓の事業。
②4者以上の連携体が行う事業であること。
③協力事業者に当該地域の自治体(市区町村)が組み込まれていること。
④地域文化資源を活用(※1)した旅行形態の商品開発であること。

(※1)地域文化資源を活用
地域の中小企業者が共通して活用することができる歴史的建造物(群)、自然遺産、伝統文化・技術、地域産品等に対して、現在もその地域に相当程度の関わりがあることから、当該自治体が「ふるさと名物応援宣言」等の関与を行い、地域ぐるみの取組みを推進し、他地域の企業との差別化を図り、商品やサービスの付加価値を高めるための商品開発・販路開拓、外国人観光客等を当該地域へ呼び込むための体験型観光の推進を図る取組み(公序良俗に反するものは除く)のこと。

 

対象事業 経費の一部を補助する事業は、具体的には、以下の事業を実施する事業です。

①新観光商品等造成事業
②滞在環境整備事業

事業ごとの補助金の概要や申請方法、提出書類の詳細や様式等につきましては、申請書ダウンロードページより、「ニューツーリズム商品開発等支援事業 公募要項」をダウンロードの上、ご参照ください。

平成29年度の公募は終了しました