事業進捗|沖縄県那覇市ほか

発見沖縄!地域資源を活用した着地型観光プレミアム ~スタンダード商品の開発・販売事業

実施地域

沖縄県那覇市ほか

補助事業者名

株式会社セルリアンブルー、有限会社美ら島、株式会社WAKON、株式会社宣伝

事業の内容・ポイント

海外の事例を参考に特定のターゲットに訴求する高付加価値商品を複数開発することを目指し、本事業においてモニターツアー等の市場調査やテスト販売を行います。また国内外の旅行博の出展等を通じた販路開拓を行います。

事業の進捗

  2018.08.02  第1回ハンズオン支援を実施しました!

 日本屈指の観光県であり、見所満載な沖縄県は、世界遺産の「首里城」「中城城跡」など琉球王国関連の遺跡の数々や、本土ではなかなか見ることのできない大自然の絶景、沖縄ならではの水族館や工場見学、さらにはビーチでのマリンスポーツ等、現地での楽しみ方が多種多様に存在します。
 しかし、着地型観光プランの認知度の低さや受入体制の整備が不足しているなど、魅力ある資源を活用しきれていない現状も多く見られます。そのような中、今回の事業では「発見沖縄!地域資源を活用した着地型観光プレミアム~スタンダード商品の開発・販売事業」をテーマに、国内外問わず、広くターゲットに訴求する高付加価値商品を複数開発することを目指しています。加えてインフルエンサーを招聘して開催するモニターツアーや海外の先進地視察などの市場調査等を実施予定です。
 今回の一回目ハンズオン支援では、関係者で事業内容の確認及び課題等について協議し、専門家からは全国の事例についてアドバイスを行いました。本事業としては商品開発を主軸としており、ナイト、富裕層、半日をテーマとして、インバウンド向けに従来提供できていなかった商品の開発を予定しています。
 次回訪問では、今回協議した内容を踏まえて取組んだ内容についての確認及び課題の再整理を行う予定です。